マイナポイント今やっておくこと!

Just a diary

こんにちは!Maggieです!

マイナポイント第一弾で、子供3人と自分の4枚のマイナカードを作り、

マイナポイント上限5000円×4人(パパは自分で)=20,000円ゲットしました!

次は、第二弾の保険証利用登録と、公金受取口座登録制度で更なるポイントゲットだー!

両方申し込めば、15,000円×4人=60,000円

多子家庭には、本当にありがたい(∩´∀`)∩

ということで、今回は保険証利用だけにフォーカスしてまとめてみました♪

利用登録はできますが、ポイント申込は6月なので予習です!

マイナポイント保険証利用メリット

   期間内ポイント申込で、7500円相当ポイント付与!!!

  • 就職・転職・引越ししても健康保険証としてずっと使える。
  • マイナポータルで特定検診情報、薬剤情報、医療費が見られる。
  • マイナポータルで確定申告の医療費控除がカンタンにできる。
  • 窓口で書類(受給者証など)の持参が不要になる。

使える場所:マイナ受付 のステッカー・ポスターが貼ってある医療機関・薬局

     マイナンバーカードをカードリーダーにかざすだけ!(顔写真で本人確認)

保険証利用手続き申込期間

もう始まってる!

ポイント申込期間

2022年6月頃~2023年2月末

ポイント申込方法

マイナンバーカードと4桁のパスワードは必須!

  • セブン銀行ATM
  • スマホ(マイナカード読み取り対応スマホ・マイナポータルアプリインストール必要)
  • パソコン(ICカードリーダー必要)

詳細↓↓マイナポータルサイト

マイナンバーカードの保険証利用|マイナポータル
マイナンバーカードが健康保険証として利用できます。利用するには、事前に登録が必要です。

保険証利用登録のデメリット。。とういうかほぼ文句

  • マイナンバーカードを紛失した時が怖い。
  • マイナ受付で対応していない医療機関もある。
  • マイナポイントではなく、口座に入金にしてほしい。
  • 診察時、診察券もどうせ必要なら、マイナンバーカードの必要性は?診察券も一体化してほしい。
  • セブン以外のコンビニATMも対応して欲しい。
  • マイナポータル対応機種持っていない人は不便。

Maggieは少し不満を持ちつつも、保険証利用登録&公金受取口座登録(2022春から)をする予定!

まだマイナンバーカードを作っていない人、または作っていても申し込んでいない人は、これから第二弾で全部申し込めば、一人20,000円ゲットできる!(∩´∀`)∩

しかし、4人分のポイント受取決済サービス振り分けるのが大変でした。。

20,000円チャージまたは、20,000円利用括りにせず普通に付与してほしかったな。。

うちは、楽天カード、イオンカード、イオンカード付帯のワオン、nanacoカードに振り分けた(;’∀’)

4人分だからね。どれにチャージしたか、使ったか軽くパニック。

親名義の決済サービスでいいなら、まとめても良くない???と、不満はありますが。。

まとめ

マイナポイントは、ポイント付与7,500円は魅力的で、手続きもそんなに難しくなく、メリットも多いので、保険証利用登録はおすすめです。デメリットについては、デジタル庁が徐々に改善することを期待します!社会全体がマイナンバーカードに慣れて行けば、自然と使い勝手が良くなるはず!

 現時点では、さらっと保険証利用登録だけして、詳細は6月頃のポイント申込詳細が公開されるのをまちましょう!

そして、春(もう春じゃないの?)からの公金受取口座登録制度も、興味津々のMaggieはまとめる予定です!※実はもう確定申告している人は登録が終わっている人も。

公金受取口座登録してみました♪↓↓

マイナカードで公金受取口座登録してポイントゲット♪♪
マイナポイント第2弾の公金受取口座の登録について主婦目線で解説します!

 もらえるものはしっかりもらって、賢く家計管理していきましょう!


にほんブログ村


3人兄弟・姉妹ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました